意外と使える!電子メールでデータ転送!!

データを転送する様々な方法

他の端末に、画像や動画等のファイルを送るとき、様々な方法が使えます。例えば、usbメモリーを使ったり、bluetoothなどの無線通信で送ったり、クラウドストレージをつかったりsnsで共有したりする方法があります。それぞれに特徴があり、送れる容量、相手、スピード、難しさなどが変わってきます。自分にあった方法を選ぶことで、最適な手段でデータを転送することができます。おすすめの転送手段について説明していきます。

メールで転送が便利 !

メールで転送するのはとても便利な方法です。無線なので、ノートパソコンやスマートフォンがあれば、すぐに送信できます。特別な機器やコードは要らないので、とても簡単です。また、他の人に送ってもすぐに受け取ってもらうことができます。基本的にファイル形式の制限はないので、プログラムのファイルなども送れます。普段は連絡手段に使っているメールですが、このように、簡単で効率のよいデータ転送にも使うことができます。

利用するときの注意点

データの転送方法として電子メールは便利な方法です。しかし、利用するときに注意しなければならないこともあるので、気をつけましょう。まず、あまり大きなファイルは送れないということです。サーバーに負担がかかるため、ギガバイト単位のデータは送らないようにしましょう。また、スマートフォンなどの通信容量に制限があるものを利用する場合は、使いすぎないように気をつけましょう。データの転送方法は他にもあるので、メールを使えないときは、それらを使えます。上手にメールを活用することで、より効率よくデータを転送できます。

大容量ファイルとは通常のファイルよりも大きいGB(ギガバイト)などを容量があるファイルのことを言います。