トイレ詰まりを防ごう!注意すること3つ!

トイレットペーパー以外の紙を使用していませんか?

トイレットペーパーを一気に大量に流さない限りは詰まることはないでしょう。しかし、使用したのがティッシュペーパーだと話は違います。トイレットペーパーで鼻をかんだことはありませんか。水分を含むと紙がボロボロになっていしまいます。だからトイレで詰まることなく流れていくわけです。しかし、ティッシュペーパーは60分水に漬けておいても紙が溶けることはなく、原形のままです。ですから流すと詰まってしまうのです。それぞれの紙の性質を知っていれば詰まらせることはないですよね。

トイレのタンクに節水対策していませんか?

少し前に、トイレのタンクに水の入ったペットボトルを入れるということが流行りました。それは節水になるからです。もし、今でもそれを実施している場合は今すぐにでも出すことをおすすめします。それぞれのトイレには水量が決まっています。ですから、その水量を減らしてしまうとトイレが詰まる原因になってしまうんですよ。このことはトイレーメーカーも警鐘を鳴らしているんです。節水したいのならば節水タイプのトイレに変えましょう。

異物を流してしまっていませんか?

芳香剤の蓋を始め、ポケットに入れていたペンや携帯電話、お子さんがいる家庭では手に持ったおもちゃを落として知らないうちに流してしまって詰まってしまう。こういったパターンが考えられます。もしかしたら悪戯でわざと流してしまう子もいるかもしれませんね。理由はどうあれ、異物を流してしまったと分かった場合は早急に道具(ラバーカップ)を使用して取り出すようにしてください。いつまでも使用し続けていると、異物がどんどん奥に行ってしまうかもしれません。異変に気づいたらすぐに対処しましょうね。

浴室やトイレの水漏れが見つかったなら、ただちに専門の業者に連絡を入れるべきです。まずは費用について正確な見積もりを依頼しましょう。