防犯カメラで大事な機能性能!!その3つの要素とは

頑丈であることは大事です

防犯カメラで実は意外と大事なのが、頑丈であることです。かなりの確立で悪戯の対象になるからです。ですから、頑丈であることは重要な要素であると言えます。それに手の届かないところに設置をするのが基本です。その上で、見える位置に配置をするのが、大原則です。抑止力としては、それが基本的な考え方であり、何も隠し撮りをすることが目的ではないからです。抑止出来るならば、それがベストな状態であるといえるのは間違いないです。

映像の画質についてのこと

映像は画質が良くなればなるほど、重くなります。重い、と言うのは記録媒体を圧迫することです。ですから、今はそれなりに記録媒体が大きくなっていますが、それでも効率的に録画をする為には、色々と機能がついているとよいです。人を感知したときだけ、録画をするとかそうした機能です。それがあれば、無駄に記録媒体を使うことがなくなります。大抵はハードディスクになっていますが、上書きはできます。しかし、書き込みを重ねると劣化します。

費用対効果はどの程度か

防犯カメラを設置するとどの程度のメリットがあるのか、と言うのは不明です。まず、入らなかった、と言う統計が出ないからです。その為、抑止力はあるのですが、費用対効果は意外と判断がしにくいことになっています。それでも導入する価値はあります。ダミーカメラすら効果はあるのです。個人宅でも今では防犯カメラを設置するのは正しい判断です。自分の身は自分で守るのが基本であり、それは決して、費用の無駄にはならないことです

商業施設や繁華街、最近では個人宅でも防犯カメラが設置されています。あとから映像を解析する機能を有していますが、犯罪者の目に触れることで、犯罪抑止効果も持つといえます。