自営業の始め方!その三つの驚くべき要素とは!

コネを作っておくこと

自営業者に求められることはコネでしょう。コネがあってこそ、仕事を得ることができるようになります。自営業、つまりは、独立してやっていこうとするのであれば、まずはそれを意識して、日頃から労働をしておいたほうがよいです。そうすることが成功への道になります。難しいことではありますが、どんな商売をするにしても自営業は独立独歩をしていく必要があります。コネは多いほうがよいですし、顔は広いほうが何かと役に立ちます。

売上先を一つにしない

やっている規模が小さいとどうしても売上先が限定されてしまうことになります。極端に悪いわけではないですが、複数の取引先を持っておくことが重要になります。そうすれば一つのルートが潰れたとしてもまったく問題ない、とは言いませんが、耐えられるようになります。そうした時には新しいルートを開拓すれば良いだけの話です。それがお勧め出来る形になります。自営業者とは自力で生きて行くことになります。一つの所に依存しないことです。

経理のやり方としては

自営業者としては、まずは青色申告を目指すことです。これは65万円の控除額があります。これがあればこそ、やる価値があります。しかし、これは複式簿記で帳簿を備えておく必要があります。これが意外と難しいことになりますから、勉強しておいたほうがよいです。何かと面倒ではありますが、そうしたほうが税制的によいのが間違いないからです。簿記の知識がいくらか必要になりますから、自営業をする前にやることの一つに簿記を学ぶ必要性があるわけです。

フランチャイズとは、開業したい人とノウハウを持っている企業が結ぶ契約のことです。企業は開業者に店舗のブランドや運営ノウハウを提供し、開業者は企業に加盟金やロイヤルティを支払うのです。